2020年10月1日木曜日

当院のご案内とアクセス



当院は港区新橋にある漢方内科、中医学のクリニックです。

現代医学と中国伝統医学(中医)の知識や漢方・鍼灸・あん摩などの技術を通じて、みなさまが健康で質の高い生活が送れるようにサポートしてまいります。
北京で中医学を学び、中医クリニックで研修・診療に携わってきた日本人医師、日本人中医師、そしてアドバイザーとして経験豊富な中国人中医師が在籍しています。


保険診療

漢方エキス剤を保険適応で処方しています。
風邪や胃腸炎などよくみられる感染症、また高血圧や高脂血症など生活習慣病も西洋薬と漢方の特徴を生かした治療を行っています。
診断のための血液検査も保険適応です。


自由診療

経絡測定:ツボの計測による中医学健康診断で、体質や問題点などをチェックします。
鍼灸:鍼やお灸による治療です。漢方薬と組み合わせることで効果が得られやすくなります。
カッサ:鉱石や水牛の角のプレートで皮膚をマッサージし、血液の巡りを改善します。
カッピング:減圧したガラスカップを用いて血液の巡りを改善する治療法です。
あん摩:体質改善にお勧めの小児あん摩も行っています。
煎じ生薬:質の良い漢方生薬をひとりひとりの症状体質に合わせて処方いたします。
簡単に煎じることのできるタイマー式電気ポットも販売しています。


アクセス

東京都港区西新橋1-5-9 TSビル5階(歩道橋のすぐ横です)
電話:03-6268-8582
最寄駅:都営三田線内幸町駅A4a出口より徒歩1分
JR新橋駅、銀座線虎ノ門駅、千代田線霞が関駅からも徒歩圏内です。

東文中醫クリニック・新橋は日比谷公園にほど近い、西新橋交差点付近にあります。
クリニックの名称には旧漢字の「醫」が使われていますが、Googleマップで検索するときは「東文中医クリニック 新橋」でも表示されますのでお試しください。

新橋駅(日比谷口)、内幸町駅(A4a出口)方面から
西新橋交差点付近の、広場のある西新橋スクエアビルが目印です。
西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。
ビルは歩道橋の横にあります。

銀座線虎ノ門駅方面から
新橋へ向かって外堀通りの左側を歩きます。歩道橋がありますのでそのすぐ横、1階に自然派ジュースの店が入ったビルです。

東京駅からタクシーの場合
丸の内側からタクシーに乗り、「日比谷通りから西新橋交差点」とお伝えください。
ミニストップを目安にタクシーを降り、横断歩道を右に渡ると広場のある西新橋スクエアビルがあります。西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。

わかりにくいときはお気軽にお電話ください。
03-6268-8582


当院のホームページはこちらです  

☆このページは常に上に表示されるよう日付を未来設定しています☆

2018年1月30日火曜日

東文健康サロン カッサ 第一回目

1月27日(土)に「カッサを使ってあなたもホームドクター」と題して、連続講座の第1回が行われました。

第1回目は珍しいカッサ療法の基礎知識を、参加された皆さんと交流を含めて学んでいきました。その内容をダイジェストでお伝えします。

カッサ療法とは、カッサプレートを使い皮膚を擦ることで経絡の流れをスムーズにして、滞った気血水からでた老廃物を出す中国伝統民間療法です。皮膚を強く擦ることで、赤いうっ血した「痧(さ)」を出すことが主要ですが、軽く擦ることで筋肉や皮膚に刺激をあたえることも可能です。

カッサ療法で使うカッサプレートには、様々な形があります。魚型や長方形などがありますが、使う部位よって擦るや押すなどの応用ができます。

カッサの方法は、①皮膚と45度の角度をつくり②均等な力で③ゆっくりと擦ります。擦る基本的な方向は上から下、中心から外側です。(擦る方向に関しては諸説ありますが、東文健康サロンでは、そのようにしております。)滑りが良くなるように、クリームやオイルを使います。

注意事項やアフターケアーなどもありますが、今回はこの辺で。。。
カッサ療法にご興味がありましたら、スプーンなどでも出来ますのでお試しください。










当院のホームページはこちらです

2018年1月25日木曜日

[気功] 2017-5-18

 どなたも一度は“気功”という言葉を耳にしたことがあると思います。ただ具体的にどういったものかご存じない方も多いのではないでしょうか。
気功の始まりは約5千年前からと考えられています。1975年に中国山東省で古代人が気功を行っている姿が描かれた陶器が見つかりました。
5千年前といえばまだ文字が発明されていませんが気功はすでに始まっていた様子がわかりますね。その後、春秋戦国時代の書物には気功の原理や理論の記載があったようです。

 気功の根本には古典哲学思想があり、人体の潜在的な能力を開発して心身を鍛えることを目的としています。具体的には意識によって気を引き出し巡らせ、体内の調和をとって体質を強くします。それにより病気を取り除き、健康維持することができます。

 当クリニックでは、先月の徐文波先生による春の養生講座の中で、伊藤副院長が“八段錦”という気功を紹介しました。八段錦は中国で宋時代から伝承されてきた有名な気功の一つで、八つの動作から構成されています。激しい動きではないので、参加されたみなさんも無理なく行うことができて大変好評でした。その機会に受講できなかった方もいらしたため、5月東文健康サロンでも“八段錦”を行います。

 気功は正しい動きを、毎日続けて習慣にすることで効果が出ます。参加されたみなさまは是非おうちでも続けてみてください。今後、機会があれば手軽に続けられる気功をご紹介したい思います。

医学気功整体師の観点から、受付の岡留でした。

2018年1月20日土曜日

冷えは万病のもと

昔から「冷えは万病のもと」なんて言われています。
中医でも冷えは万病のもとです。症状で探せば肩こり・頭痛、腹痛、下痢、月経不順に腰痛、喘息などなど多くあります。
老中医と呼ばれる李可先生は、「病気のある人の8・9割が陽虚(温める気が足りない)。」なんて言うくらいです。
当院の漢方処方でも温める薬を使うことが多くなり、短い期間でも変化を感じられている方がいます。
こんな時期こそお灸を使って身体を温めましょう。冬の養生=春の養生です。冷たい食べ物を避けて、しっかり温めていきましょう。

2018年1月19日金曜日

お灸 

皆さまはお灸と聞くと熱い、手間がかかる、というイメージがあるでしょうか?
現在では、自分でも手軽にできる台座灸と呼ばれるシールの台の上に筒状になったもぐさを乗せた形のお灸や、火の出ない貼るタイプといったものも発売されています。
お灸は日本へは奈良時代に、中国から仏教と一緒に伝えられました。鍼灸治療は中医学の治療の一環でもあり、最古の医学書“黄帝内経”にもお灸の記載があります。
私も時々、自宅で台座灸をしたりしますが、今回は『せんねん灸』のセネファ様から頂いた、火の出ないタイプのお灸を試してみました。感じとしては使い捨てカイロのような熱さで約3時間効果が持続します。まず、お腹に貼ってみたのですが私は少し熱く感じました。皮膚の薄い箇所には低温ヤケドの注意が必要かもしれません。
お灸は温熱の刺激によって気血の流れが良くなり自己治癒力をUPさせます。お灸をするツボによって効果もいろいろあるので、特に体に湿が溜まりやすい梅雨の時期には養生の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

受付・岡留でした。




当院のホームページはこちらです

2018年1月6日土曜日

1月9日午前はお休みです

院長学会参加のため
1月9日火曜は
午後3時からの診療になります。

ごめいわくをおかけしますがよろしくお願いいたします。

2017年12月25日月曜日

1月からの東文健康サロン

1月からの東文健康サロンは、3回連続講座です。
お題は「カッサを使ってあなたもホームドクター」
初めてカッサに触れる方もぜひご参加ください。

詳しくはHPの新着情報からご覧ください。あるいはここをクリック


当院のホームページはこちらです